東九州自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お申し込み・お問い合わせ  0120-59-8704 営業時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く)

交通安全について

Traffic safety

交通安全について

Traffic safety

災害などの発生時の対策について

2015年10月19日


警戒宣言って知ってますか??運転中にこれになると・・・・

自動車の運転時に警戒宣言の情報が入った場合、まずは地震発生に備えて運転速度を十分に減速し、自動車の場合はカーラジオなどで地震情報や現在&これから の交通情報を把握し、速やかに最善の行動をとるようにしましょう。
自動車を放置して非難を余儀なくされる場合は道路外の場所に自動車を停車させてから避難をしましょう。道路上でしか自動車を放置できない場合は道路の左端に車を寄せて駐車してエンジンをとめてます。
エンジンキーはつけたままにして、四輪自動車の場合は窓を閉めてドアロックはせずに貴重品を携帯しておきましょう。

避難するときはおそいけど歩いたほうがいい????

災害発生などで非難を余儀なくされた場合は自動車で避難をすると道路が避難する人々で大混乱になり緊急車両などの通行を妨害してしまう可能性などさまざまな危険が多く発生しますので出来るだけ自動車を使った避難は避けましょう。

自動車走行中に大地震が発生したらあなたはどうします??

自動車走行中に大地震が発生すると激しい新藤を受けてしまいハンドルが取られてしまうことがあります。
このような状況で運転する場合はしっはりとハンドルを握り締めて急ブレーキや急ハンドルをさけてできるだけ安全な方法をとり道路の左側に車を停止させましょう。
車停止後は自動車の場合はカーラジオなどで地震情報や交通情報を聞くと同時に周辺環境を把握してその場の状況に適した行動をとるようにしましょう。

災害対策基本法による交通規制って知ってますか??

さまざまな災害が発生した場合、もしくはその災害が発生しようとしている都道府県において、災害応急対策が的確かつ円滑に行われるようにするため緊急の必要がある場合は、災害対策基本法に基づき緊急通行車両以外の車両の通行が禁止され、あたは制限されます。
交通規制が行われた場合、通行禁止区域内の一般車両の運転者は次の措置を取らなければいけませんのでご注意ください。
①すみやかに車を規制が行われている道路以外の場所へ移動させること。
②速やかな移動が出来ないときは車をできるだけ左側に寄せ駐車するなど緊急通行車両の通行の妨害にならないように駐車すること。
③警察官の指示に従って車を移動して駐車を行うこと。