東九州自動車学校

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お申し込み・お問い合わせ  0120-59-8704 営業時間 9:00~17:00 (土日祝日を除く)

 

特別教育実施のご案内

アーク溶接、小型車両系建設機械、ローラー運転、高所作業車 10m未満、クレーン、小型車両系建設機械(解体)、酸素欠乏・硫化水素危険作業における特別教育のご案内。
 
 

アーク溶接 特別教育(学科教育)

 
アーク溶接 特別教育(学科教育)

アーク溶接の作業は、生産工場や建設現場などにおいて、広範囲に行われています。これに伴い、溶接装置の不備又は、保守の不良、溶接作業方法の不適切に寄る作業者の感電、高所からの墜落、溶接中のアーク火花などによる火災、爆発などの重大災害がしばしば発生しています。

事業者は、労働安全衛生法において、アーク溶接機を用いて行う金属の溶接、溶断等の業務に労働者を就かせるときは、安全又は衛生のための特別教育を受けさることが義務付けられています。

 

教育科目と時間

科目 教育時間
アーク溶接等に関する知識 1時間
アーク溶接装置に関する基礎知識 3時間
アーク溶接等の作業方法に関する基礎知識 6時間
関係法令 1時間

※実技教育は、各事業所にて10時間以上の教育をお願いします。
 
 

当校での受講について

受講資格 なし
料金 14,000円
講習時間 8:00~開始 11時間 (7:50までに東九州自動車学校へ)
講習日数 学科1.5日(学科講習のみ)
日程 ご相談ください。
修了証 原則的に即日交付
受講に必要なもの 運転免許証・筆記用具
※運転免許証のない方は、住民票もしくは健康保険証コピー

 
 
 

小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み及び掘削用)の運転業務

機体重量3t未満の表記機械の運転業務につかせるときは、労働安全衛生法に定めるところにより、当該労働者に対し、安全のための特別教育を実施しなければならないことになっています。本教育は、学科教育と実技教育を日程(2日間)で実施します。

 

教育科目と時間

学科教育カリキュラム
①作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識 5時間
②運転に必要な一般的事項に関する知識 1時間
③関係法令 1時間
実技教育カリキュラム
①走行の操作 4時間
②装置の操作 2時間

 
 
 
 

ローラー運転の業務

ローラー(機体重量に制限はありません。)の運転業務に就かせるときは、労働安全衛生法に定めるところにより、当該労働者に対し、安全のための特別教育を実施しなければならないことになっています。本教育は、学科教育と実技教育を日程(2日間)で実施します。

 

教育科目と時間

学科教育カリキュラム
①ローラーに関する知識 4時間
②ローラーの運転に必要な一般的事項に関する知識 1時間
③関係法令 1時間
実技教育カリキュラム
①ローラーの運転方法 4時間

 
 
 
 

高所作業車 10m未満

kousyo

高所における工事・点検・補修等の作業に使用される建設機械で、作業床の高さが10m未満の原動機を用いて自走する高所作業車の運転業務には特別教育の修了が義務付けれられています。

□必要資格
運転免許証
 

□料金と日程
料金、及び講習日につきましては東九州自動車学校までお問合せください。
東九州自動車学校 ご相談窓口:0120-59-8704

□学科教育

科目 範囲 時間
高所作業車の作業に関する装置の構造及び取り扱いの方法に関する知識。 高所作業車(安衛則第36条第10号の5の機械をいう。以下に同じ。)の種類及び作業に関する付属装置の構造及び取り扱いの方法。 3時間
原動機に関する知識 内燃機関の構造及び取り扱いの方法。動力伝達装置及び走行装置の種類。 1時間
高所作業車の運転に必要な一般的事項に関する知識。 高所作業車の運転に必要な力学。関電による危険性。 1時間
関係法令 法、令及び安衛則中関係条項 1時間

 

□実技教育

科目 範囲 時間
高所作業車の作業のための装置の操作。 基本操作。定められた方法による作業床の昇降等。 3時間

 
 
 
 

クレーン特別教育

kousyo

吊り上げ荷重5トン未満のクレーンの運転業務に労働者をつかせるときは、事業者はその者に対して当該業務に関する安全のための特別教育(学科9時間以上、実技4時間以上)を実施しなければならないことになっています。

□必要資格 18歳以上
 

□料金と日程
料金、及び講習日につきましては東九州自動車学校までお問合せください。
東九州自動車学校 ご相談窓口:0120-59-8704

□出張講習
出張講習は学科・実技試験共にお客様のもとで行います。出張講習はお客様のもとにクレーンがあることが条件となります。

 
 

□学科教育

科目 範囲 時間
クレーンに関する知識 種類及び型式 主要構造部分 作動装置 安全装置 ブレーキ機能 取扱い法 3時間
原動機及び電気に関する知識 電気に関する基礎知識 電動機 開閉器 コントローラー等電気を通ずる機械器具 電路の点検及び補修 感電による危険性 3時間
クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 力(合成、分解、つり合い及びモーメント)重心荷重 ワイヤロープ、フック及び吊り具の強さ ワイヤロープの掛け方と荷重の関係 2時間
関係法令 労働安全衛生法(昭和47年法律第57号。以下「法」という。)労働安全衛生法施行令(昭和47年政令第318号。以下「令」という。)労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号。以下「安衛則」という。)及びクレーン則中の関係条項 1時間

 

□実技教育

科目 範囲 時間
クレーンの運転 重量の確認 荷のつり上げ 定められた経路による運搬 荷の卸し 3時間
クレーンの運転のための合図 合図の方法 1時間

 
 
 
 

小型車両系建設機械(解体) 特別教育

車両系建設機械(解体用)のうち、機体質量が3t未満の機械、「ブレーカ」のほかに、次の「つかみ機等」に付け替えて使用する場合も 「車両系建設機械(解体用)特別教育」を修了しなければ運転することができません。

事業者は、機体質量が3t未満の車両系建設機械のうち、「解体用」の機械で、動力を用い、かつ、不特定の場所に自走できるものの運転(道路上を走行させる運転を除く)の業務に労働者を就かせるときは、安全又は衛生のための特別な教育をしなければならないことが義務付けられています。
 

□必要資格 18歳以上で小型車両系建設機械(整地)を取得していること。
 

□料金と日程
料金、及び講習日につきましては東九州自動車学校までお問合せください。
東九州自動車学校 ご相談窓口:0120-59-8704
 

□教育科目と時間

時限 時間 講習科目
08:00~09:00 ○作業に関する装置の構造及び取扱い方法
09:10~10:10 ○作業に関する装置の構造及び取り扱い方法
10:20~10:50 ○運転に必要な一般事項
10:50~11:20 ○関係法令
昼食
12:30~13:30 作業の為の装置の操作
14:00~15:00 作業の為の装置の操作
15:00~15:20 修了式

 
 
 

酸素欠乏・硫化水素危険作業 特別教育

 
酸素欠乏・硫化水素危険作業 特別教育

酸素欠乏等で引き起こされる災害は、土木、建設工事、化学工業、食品製造など様々な業務で発生する恐れがあります。

二次災害で被災する例も多く、致死率が高い傾向にある災害であり、危険場所の認識や、発生原因、防止措置についての知識を習得し理解することで災害防止につとめる必要があります。

労働安全衛生法において、酸素欠乏危険作業に係る業務に就く労働者は特別教育を修了することが定められています。

 

教育科目と時間

科目 教育時間
酸素欠乏等の発生原因 1時間
酸素欠乏症等の症状 1時間
空気呼吸器等の使用方法 1時間
事故の場合の退避及び救急そ生の方法 1時間
その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項 1.5時間

 
 

当校での受講について

受講資格 なし
料金 12,000円
講習時間 8:00~開始 5.5時間 (7:50までに東九州自動車学校へ)
講習日数 1日
日程 ご相談ください。
修了証 原則的に即日交付
受講に必要なもの 運転免許証・筆記用具
※運転免許証のない方は、住民票もしくは健康保険証コピー

 
 

お申込み方法

受講をご希望の方は、下記お問い合わせセンターまでお申込みください。

ひがきゅう技能講習センター
TEL 0982-37-0727
FAX 0982-37-7099

 

講習場所
〒889-0513 宮崎県延岡市土々呂町5丁目2621番地
東九州自動車学校 技能講習センター

 

出張講習について
出張講習も行っております。お気軽にご相談ください。
出張講習は学科・実技試験共にお客様のもとで行います。出張講習はお客様のもとに機器があることが条件となります。

 

準備していただくもの
・運転免許証
 運転免許証をお持ちでない方は、本人確認ができるもとして住民票あるいは保険証
・印鑑(シャチハタ可)
・筆記用具

 

注意していただく点
・講習時間に遅刻された方は講習を受講できません。時間に余裕をもってお越しください。
・ご都合により受講日の中止、変更される場合はお早めに必ずご連絡ください。

 

年間スケジュール
技能講習及び安全衛生教育の年間スケジュールにつきましては、以下のページをご覧ください。

技能講習 年間スケジュール | 東九州自動車学校
安全衛生教育 年間スケジュール | 東九州自動車学校